会社員向け転職&ビジネス情報~役立ち便利ガイド

現代の働く会社員に向けた役立ち情報をバイブルとなるような、コラムをお届けしていきます。

会社員として働くその意味は?フリーランスと会社員との違いを解説その②

~会社員として働くその意味は?フリーランスと会社員との違いを解説その①の続き

 

会社に所属せずに働くメリットはどんなことがあるの?

f:id:star369:20211222163928j:plain

 

会社員として、働くメリットを解説しましたが、

逆にフリーランスとして働くメリットを解説していきましょう。

 

フリーランスと、会社勤めの両方のメリットを知ることで、

”なぜ会社で働くのか”の働き方について理解を深めていきましょう。

 

収入アップを期待できること

フリーランスになると、収入が上がる可能性も、

ゼロになり下がる可能性も両方秘めているでしょう。

 

会社員では、仕事の成果を残したとしても、

すべてが収入に反映されるわけではありませんよね。

「今の会社では、仕事量と収入に見合っていない」

そんな悩みを持っている方は多いでしょう。

 

その点、フリーランスでは、

売り上げが、そのまま収入になるので、

仕事の成果が分かりやすく、モチベーションアップにもつながりやすいと言えますね。

ですが、収入を得るためには、自分で仕事を取りに行かねばならないのです。

待っていれば仕事が来る従業員スタイルとは真逆ですね。

 

ストレスが軽くなること

私もそうですが、他のフリーランスの方の意見ですと、

「会社員時代に比べると、人間関係においてのストレスは、ほぼなくなる」と

そう思うひとは多いようですね。

 

ですが、すべてのストレスが、

解消されるわけではないことは忘れないでくださいね。

 

ずっと孤独で活動をするプレッシャー、

クライアントとの関わり方など、

直接、稼ぎに影響がある部分にも、

ストレスがあることは間違いないでしょう。

 

ですので、1人孤独だからこそ、好きな自由な場所と自由な時間に、

そして、自分が好きな人とも仕事ができる選択肢があるので、

会社のルールや人間関係に縛られず、仕事に集中できることは、

会社員ではありえないことでしょうね。

 

働く場所を自由に選べること

f:id:star369:20211222164009j:plain

 

私のように、フリーランスでは、自分の好きな場所で自由に働くことができますね。

自宅やお気に入りのカフェ、コワーキングスペースなどで仕事をする方が多く、

その日の気分によって働く場所を変える方もいらっしゃるようですね。

 

好きな場所を自分で選ぶことは、

心地よく仕事に集中することに直結するのかもしれませんね。

 

時間を効率的に使えること

基本的に会社がある場所に出勤が義務の会社員の場合では、

会社までの往復時間が2時間以上になることもありますよね。

 

『2時間以上の往復時間なら他のことができるのに』、

と、考えたことのあるひとも、少なくないのではないでしょう。

 

フリーランスの場合においては、

会社まで通勤の往復時間に悩むことなく、

時間を効率的に自由に使って働くことができます。

特に育児中の方は、日中は育児に専念し、夜に仕事を進めるひともいるようですね。

 

さらに決まった拘束時間によって、

休憩を縛られることがないので、

自分のペースに合わせ、集中力を保ちながら仕事ができる場合もあるでしょう。

 

会社で働くを「お金のため」理由にしないほうがいいのか

f:id:star369:20211222164140j:plain

 

「お金のため」という理由で、

会社で働く選択をする方は多いようですね。

内閣府世論調査の結果では、

「お金のために働いている」という方が一番多いという結果があるようですね。

 

お金のために働くのは間違っていないでしょうし、とても大事な理由ですね。

ですが、「お金ため」のほかにも、

それぞれの理由を持って、会社で従業員として、

働いている方がたくさんいらっしゃいますね。

 

会社員においてのはたく理由のひとつとされている、

「お金のため」という理由以外を解説していきましょう。

 

  • 自分を成長させるため
  • 好きなことを全うするため
  • 社会に貢献するため
  • 理想のライフスタイルを叶えるため
  • 高い地位や権力を得るため
     

この他、会社で働く理由はたくさんあるでしょう。

働くうえで仕事に「幸せ」や「やりがい」を見出すことはとても大切ですよね。

 

お金を稼ぐことが、

仕事をする「幸せ」や「やりがい」に直結している思考なら良いのですが、

そうでない場合は、改めて自分自身と向き合うことが必要なのかもしれないですね。

 

仕事をすることに「幸せ」や「やりがい」が抜け落ちていると、

心の負担になるほか、働くことに対して、

虚無感を持ってしまう傾向があるひともいますね。

そうなると、精神的に鬱にもなることもあるでしょう。

 

日本の義務教育が強制的に教育してきた、

「なぜ会社で働くのか」を考えるうえでは、

お金の面以外にも、自分なりの理由を

きちんと見出しておいたほうが良いでしょう。

 

star369.hatenablog.com